住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

耐震性のチェック

中古マンションをチェックする際に、真っ先に確認しておきたいのは、耐震性の問題です。

 

1981年6月1日以降、新耐震設計基準というものが建物に導入されているので、自分が選んだ中古マンションが、それ以前に建てられたものか、それ以降に建てられたものなのかを確認する必要があります。これは、あくまで建築確認申請の許可の日付けになるので、たとえば1982年の竣工になっていたとしても、注意して見なければなりません。

 

ただ、1981年6月1日以前の建物が危険というわけではなく、耐震診断をしているかどうかに的を絞って確認する必要があります。昔の建物でも、基本的には震度5程度の地震に倒れないような計算がされているからです。この耐震診断がされたものであるかどうかは、管理組合や管理会社で確認することができます。

 

もし、耐震診断をしていて、耐震補強工事が行われていた場合は、資産価値が高くなっていると考えていいでしょう。

 

旧耐震建物において、どの程度の耐震性能があるかというのは、マンションの建物の外観からも少しはわかります。

 

まず、外壁や柱にクラックがないかを見てみましょう。0.1ミリ以下のものなら問題ありませんが、0.3ミリ以上なら構造的なものからくる影響が考えられます。

 

また、建物の一階に駐車場があれば、壁面積が少なくなり、強度に片寄りがあることが考えられます。

 

そして、建物全体の形がアンバランスになっているような場合も強度の問題があると考えられるので、注意が必要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市