住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

設計・概算見積り

専門業者に相談して、リノベーションを実施することを決断すると、次に具体的な工事へ向かって話が進んでいきます。

 

そこでは、まずリノベーション計画が立てられ、工事箇所の設計などが行われます。これは、リノベーションを行いたいという人の考えを、専門業者の目を通して形にしたものです。これによって、完成後の姿がイメージされます。

 

設計をはじめる前に、既存の住まいの図面や確認通知書の確認も必要です。既存の図面によって建物の調査もスムーズにいくため、これらの書類はたいへん重要です。

 

工事の依頼先も最初に頼んだ施工先と同じにすれば、工事についてはうまく運ぶ可能性は高いかもしれません。ただし、その施工先がリノベーションについて得意かどうかは別の話になるので、あくまで協力してもらうといったことでもいいでしょう。

 

設計は、建物の調査の結果を踏まえたものでなければなりません。そうでなければ、無理なリノベーションとなってしまい、後に悔いることもあるかもしれません。設計は、調査と併行していろいろな部分を確認しながら進める必要があるのです。とくに、耐震についての修復が必要なときは慎重さが必要になってきます。

 

一般に、リノベーションを進める際は、最初に簡単な平面図をつくります。この図面については、無料のケースが多くなっています。大まかなリノベーションの内容が決まれば、次は詳細を決めていきます。詳しい設計図を書いた時点で、設計の請負契約も交わされていきます。その後は、内容が気に入らなかったりして、途中で中止しても、それまでの分の費用は支払わなければなりません。

 

設計が終盤にかかる頃になると、工事費の概算が見積もられます。見積り額と予算を比較してみて、不足している場合は工事内容の変更も必要になってきます。もちろん、耐久性など、あまり削れない部分は外して考えなければなりません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市