住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

工事着工・工事管理

リノベーション工事の請負契約が交わされれば、工期や工事のスケジュールが作成され、それにしたがって工事が進められます。スケジュールは途中で修正できるよう大まかに決められますが、細かな箇所でも納期までに日数がかかる場合は、きちんと段取りを決めて取り組む必要もあります。

 

そして、実際の工事に移る前には、準備も必要となります。契約が交わされてから工事着工までに、たとえば、マンションの施工であるなら、事前に管理組合などにその旨を届け出なければなりません。

 

工事期間中に使用できなくなる設備や通行できなくなる場所などがある場合、前もって通知しておく必要があるのです。また、工事による騒音や塗装による臭いなどについても協力を得なければなりません。

 

こうして準備万全となれば、いよいよ工事着工です。

 

工事が順調に進んでいくかは、予定通りの作業が行われるかにかかってきます。そこで、工事が予定通り行われているか監理する必要があります。設計の内容に変更が出た場合は、工事現場の調整や予算の管理もしなければなりません。

 

工事がはじまると、調査で気づかなかった部分の不具合なども発見されるかもしれません。その場合、工事費のアップも予想されるので、それに対応する必要があるでしょう。もし、費用が捻出できず、その工事を省略してしまうと、あとで問題が大きくなる可能性もあります。対策をきっちり話し合ったうえで、先の作業へ移るのが賢明といえます。

 

ところで、現在住んでいるマンションをリノベーションするなら、工事期間中の仮住まいの場所が必要になります。あらかじめ、短期で安く借りられるところを探しておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市