住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

寝室

中古マンションを全体的にリノベーションする場合、まずはスケルトン工事を施してから、各部位の工事へと移っていきます。

 

スケルトン工事を用いたリノベーションでは、すぐに内装を施してしまうと内部の状態がわからなくなってしまいます。内装に移る前に、まず柱や鉄骨の様子をチェックする必要があります。その後、場所ごとに設計図を参考にリノベーションのためのマーキングが施され、各部位の工事へ移っていきます。

 

まず、寝室部分のリノベーションは、タイプによって大きく異なっていきます。そこで、最初に就寝スタイルを決めてしまうことが大切になるのです。布団派かベッド派かで工事内容もかなり変わってきます。

 

布団の部屋の場合、布団を敷く人数分のスペースが必要となります。そして、敷いたり上げたりする作業のできるスペースも確保しなければなりません。そして、布団の収納では、扉はふすまの引き戸タイプで施工します。

 

衣類の収納については、洋服ダンスにするか、小部屋をつくってウォークインクローゼットにするかで異なってくるでしょう。

 

ベッドの部屋にする場合、洋室タイプにしてクローゼットも一緒に設置するのが一般的です。衣類の収納は、洋服ダンスかウォークインクローゼットかで選びます。ベッドを置いた残りのスペースで、引き戸タイプか開き戸タイプかも決めたほうがいいでしょう。

 

ベッド部屋には、書斎をとることもあります。ほかにスペースがないときは、ベッドルームの一角に書斎のスペースがあると自然です。

 

また、寝室とトイレを近くするという考えもあります。夜中にトイレに起きても、寒い廊下でヒートショックを起こす心配がなく、高齢者のいる場合は考えてみてもいいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市