住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

中古マンションの現状

リノベーションのいちばん多い対象は、中古マンションです。中古マンションは、現在、空室のままという形でかなりの数がストックされています。しかし一方で、新築のマンションは増えつづけているのです。

 

こういった状況になっているのは、スクラップ・アンド・ビルドというものがもともと日本の住宅市場の背景にあるからです。日本は欧米などに比べて、人口の割合に対して建物への投資が多いという特徴があります。しかし、そのなかで中古住宅の補修などに対する投資は極端に少ないとされています。ほとんどが新築物件への投資なのです。

 

つまりは、マンションについても、古いマンションを補修して大事に住んでいこうという感覚ではなく、古くなったら建て直して、新築マンションに住みたいという意識のほうが大きいのです。

 

古いマンションよりもお金はかかっても新築のマンションに住み替えたいという考えは、居住者だけの意識ではなく、マンションを供給する側も同じです。

 

ところが、社会状況の変化とともに、最近では、マンションの需要供給のバランスは大きく崩れてきています。

 

住まいの供給は、新たな世代の独立ということを予想して行われてきましたが、一方で供給される側は少子化という社会問題を抱えてしまったのです。それでも新築マンションをつくりつづけてきたため、空室の中古マンションは埋まることなく、バランスがどんどん崩れてきてしまっているのです。

 

そんななかで生まれてきたのが、中古マンションに手を加えて、新築マンションとは違った価値を持つものとして売り出していこうというリノベーションの考えであるといえます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市