住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

環境保護への貢献

中古マンションを購入して、そこに暮らしていくということは、限られた資源を保護していくという意味も持っています。

 

新築のマンションを建てようとすれば、それだけ新しい建材などを使用しなければならず、資源を費やすことになります。限られた資源の有効利用という意味では、一度建てたマンションを長い期間使用していくという考えは、たいへん有効な考え方なのです。

 

また、中古マンションを購入するということは、自分でとくに意識をしていなくても、自然環境の保護に貢献できることになります。

 

つまり、新しいマンションに入居すれば、必然的にその前に建っていた古いマンションを取り壊した跡に住んでいることになります。古いマンションを取り壊す場合、そのマンションの残骸の一部は産業廃棄物として出されてしまいます。

 

産業廃棄物の最終処分は、埋め立てしか方法がありません。これは、自然環境の保護と正反対にあるものであり社会問題として残されたままです。問題の解決方法は見つかっていません。

 

新築マンションに入居するということは、意識していなくても、その産業廃棄物の処理などに多少なりとも間接的に関与していることになるわけです。

 

それに対し、中古マンションを再利用していけば、少なくとも産業廃棄物の問題は生じません。

 

中古マンションに入居すれば、産業廃棄物の処理を経ないで入居できるため、自分で意識はしなくても、間接的ながら環境保護に貢献できているということがいえるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市