住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

資産価値の向上

日本は欧米よりも、住宅へ投資する額が大きいことがいわれています。しかし、それは新築の物件に限られており、中古の物件に対しての補修などの投資はごく少ないという現状があります。

 

これは、欧米には、建物は長い間使用していくものという考えが根底にあるのに対し、日本には、建物は使えなくなったら壊して新しいものをつくるという考えがあるためです。その背景には、日本での建物の資産価値が固定資産税の償却期間を目安とされていることがあるということがいわれています。

 

欧米では、古くなった建物には補修を行って、なるべく使用期間を延ばしていこうという考えが行き届いており、さらには、補修を行うという考えより手を加えてさらに良いものに仕上げていくと考えのほうが強いということもいわれています。つまり、資産価値をどんどん上げていこうという考えが一般的なものになっているということです。

 

最近では、日本でも、リノベーションを資産価値の向上を目的に行うという人が増えてきました。中古のマンションを仕入れて、そこに手を加えて資産価値を高め、仕入れた値段よりも高い価格をつけて売りに出すということです。

 

自分が住んでいる住宅を資産として活用しようとする際に、その資産価値がどれくらいであるかという視点で見ると、リノベーションの目的意識も変わってきます。同じように、中古マンションを購入するときも、先々は売ることを考えた場合、リノベーションに求めるものも、どれだけ新しい価値を加えることができるかということに変わってくるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市