住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

工事開始

工事を依頼する業者を決めたら、契約を交わし日程を決め工事が開始されます。

 

その前に契約について少しお話しておきますね。工事の契約書はとても大事なものですので、隅から隅までしっかり読んで工事内容、費用の概算を頭に叩き込んでおきましょう。

 

まず契約書で見るべき所は総支払額と工事の内容、そして契約約款です。契約約款には、工事中に起こったトラブルの対処法や損害が発生した場合の費用負担、工事期間が延びた場合などに発生する違約金などについて書いてあります。とても細かい字で沢山書いてありますので読むのは大変だと思いますが、大事なことなので必ず読んでおきましょう。

 

もし約款に工期が延びた場合や損害が発生した場合でも違約金の発生はない、と書いてあったらサインした時点でそれに了承している事になりますから、後で本来なら不必要な費用負担が出ても文句は言えません。疑問点があったら契約書にサインをする前に聞いておきましょう。

 

そして契約書を交わし、工事が開始されるのですが工事の手順はまず古いキッチンの解体作業、撤去から始まります。なので工事最中は粉塵などで周りが大変汚れますし、音も結構うるさいので心の準備をしておきましょう。キッチンとダイニングが繋がっている場合、業者のほうで養生はしてくれるでしょうが粉塵など舞い込んでくる可能性がありますので、汚れたら困るもの、大事なものはあらかじめ台所から距離のある部屋に撤去しておくといいですよ。

 

古いキッチンの撤去が終わったら新しいキッチンの組み立て、設置、給排水管の接続工事をし、隙間などをきれいに埋めて終了です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市