住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

滑って怪我をする

浴室での不満点の一つとして、浴室内では事故が起こる可能性が高いということがあります。古い浴室は、床がタイルが張り巡らされていることがほとんどでしょう。何もしなければ、そのタイルで滑る事はないかもしれませんが、お風呂に入ろうとすると、どうしても床面は濡れてしまいます。濡れたタイルは非常に滑りやすくなってしまいます。お風呂の床が滑りやすい理由はもう一つあり、排水するために若干斜めになっているのです。そのため、さらに滑りやすくなっています。そして、掃除を怠ってしまうとヌメリやシャンプー・コンディショナーなどのカスが残ってしまい、ますます滑るのです。

 

若い人であれば、滑ってもすぐに体勢を立て直すこともできるでしょうが、お年寄りや子供は転んでしまうことが多くなるのです。子供の場合は、はしゃいで急いで入浴しようとしますから勢いよく転んでしまうこともありますし、お年寄りの場合はゆっくりでも足が動かずに転んでしまします。

 

ただ転ぶだけであればまだいいのですが、浴室の場合には大怪我になってしまう危険性があります。床面は硬いタイルですし、狭い浴室ですから浴槽のカドや水道の蛇口などに身体をぶつけてしまう可能性もあります。おそらく若い人でも一度や二度浴室でちょっと滑るという経験をしたことがあるでしょう。もしも家族に小さな子どもや高齢者がいるという場合には、滑って怪我をする危険性を回避するためにリフォームを考えるといいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市