住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

浴槽が広くなる

浴室をリフォームする場合に、多くの人が浴槽も新しいものに換えることでしょう。従来の浴槽は和式タイプで深さが60pで長さが80〜110pとかなり狭いものでした。足を伸ばして入浴する事は当然できず、膝を折って入浴する形式になります。そのため、ほとんどが一人しか入浴できず、できても子供1人と入るくらいが限界でしょう。そして高さがあるために、小さい子供が入浴するのも危険が伴いますし、高齢者などはその60pの高さをまたがなければいけませんので、非常に不便なのです。

 

最近の浴槽の傾向として、洋式タイプに換えることが多いです。洋式タイプの深さは45p程度と浅めですが
長さは120〜160pもあり、一般男性でも足を伸ばして入浴できる広いタイプになります。浴槽に入る時にも、それほど足を上げる必要がありませんから、お年寄りの人も非常に入浴しやすく、デザインだけでなく機能的にも高齢化が進む日本では必要となってきています。

 

そのため、和式タイプから洋式タイプにリフォームするだけで浴槽が広くなり、大人2人が入浴しても十分ですし、一人でもゆっくりとした入浴を楽しむことが出来ます。足を伸ばして入浴することで、1日の足の疲れもほぐすことができますし、リラックスするのにも最適なサイズです。近年日本人の身長も高くなってきていますから、和式タイプよりも洋式タイプの方が人気が高いのです。

 

もちろん、浴槽の広さは人の好みですが、洋式に変えるだけで広く感じるのは間違いないことでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市