住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

空き巣被害

昔ながらの浴室は、窓はほとんどなく、換気扇だけとか、あってもちょっと光が入る程度の小窓でした。ですが最近では、陽の光を取り入れるため、浴室の圧迫感を少なくするためなどの理由で、比較的大きな窓を設置することが多くなっています。もちろん、窓を正しく設置すれば、メリットがたくさんあるのですが、デメリットもあるのです。それは空き巣被害があるということです。

 

空き巣が家の中に侵入する場合、窓などから進入することも多いです。窓というと、リビングや廊下の窓を割って侵入していたのですが、それだとどうしても人目に付きやすく、空き巣にとってはリスクが大きいのです。最近は、浴室の窓から侵入するケースが増えてきているのです。浴室は比較的外部から見えない部分に配置していますから、そこに窓があれば周りの目を気にすることなくゆっくり家に侵入することができるのです。昔は窓が小さかったため、浴室から侵入することはほとんどなかったのですが、リフォームによって浴室から入りやすくなってしまうのです。

 

また、空き巣だけでなく、家に人がいる場合にも侵入しやすいのが浴室です。浴室は多少音がしても、リビングからは離れていることが多いので気づかれにくいのです。そして、昼間なら入浴している人は少ないですし、夜なら照明がついていなければ入浴していない証拠にもなります。そういった理由から泥棒にとって格好の餌食になってしまうのです。

 

空き巣から守るためには、浴室の窓には厳重なセキュリティをすることでしょう。また窓を高い位置に設置して、そしてその外には、踏み台になるようなものを置かない事です。また逆に浴室の窓までの通路に通れないようにしておくこともひとつの方法です。犬を飼うというのも防犯にはいいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市