住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

壁・床の色がしっくりこない

浴室のリフォームをする場合、たいていは壁や床のタイル、浴槽なども新しくすることでしょう。その際には業者の見本などを見て、色やデザインなどを検討します。ただ、よくある失敗談として、実際に見本を見て決定したのに、実際に完成してみると壁や床の色がしっくりこない、落ち付かないというケースが多々あるのです。

 

確かに、見本で見た色と名同じかもしれませんが、実際に浴室で広い空間を埋めつくされると、思っていたイメージと異なる事はよくあるのです。薄いピンク系だと思って依頼してみると、本当にピンクが強くなり、落ち付いて入浴することができないということがあるのです。また、シックな感じで黒系にしてみたら、浴室内が暗くなってしまったというケースもあるようです。お風呂はリラックスするものという考えの人もいますから、これではリフォームした意味が無くなります。もちろん、派手な浴室がいいという人もいますから、逆に思っていたよりもシンプルすぎるという失敗もあるかもしれません。

 

こういった失敗を防ぐためには、まずは奇抜な色、濃い色は避けることです。シンプルに白系が失敗が少ないでしょう。また自分の思い描いたイメージにより近付けたいのであれば、実際にその色を使用した浴室を見せてもらうことです。請け負った業者ならその色を使用した家があるかもしれません。また、ユニットバスなら、最初から出来上がっていますから、実際にそれを見ればイメージに合うかどうか検討できるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市