住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

狭くなった

浴室をリフォームする理由として、狭い浴室をできるだけ広くしたいという人が多いです。ですが、実際にリフォームを完了してみると、若干前よりも狭くなってしまったという失敗談もあります。

 

これは理由はいくつかあるかと思います。それはもともとの浴室が狭く、家の建て方により従来の広さよりも広くとることが不可能だったということが一番の理由でしょう。広くできる状態であれば数十センチでも広げることで浴室は広くなりますが、それもできないというケースです。また出窓にすれば多少は広く感じさせることもできますが、隣の家と隣接していて、それも不可能ということもあります。また、同じく隣と隣接している、または人通りの多い道に面しているため、あまり窓を大きくできなかった、または窓がつけられなかったということも原因でしょう。

 

もちろん、これだけなら、従来の広さと変わらず、狭く感じることは少ないでしょう。ですが、浴室をリフォームする際、やはり浴槽も新しくするでしょう。昔ながらの和式の浴槽は高さがあり比較的狭いものでした。ですが最近は高さはなく、足も伸ばせるような広い洋式の浴槽が主流です。このように、浴槽を大きくしたために、床面積がリフォーム前よりも狭くなってしまうのです。また、後付けのミストサウナや浴室乾燥機などを設置すればその分も狭くなってしまうでしょう。

 

このように、場合によってはリフォームして狭くなるということもあるのです。これを防ぐためには、前もってしっかり業者とどれくらいの広さになるのかを検討しておく必要があります。どうしても無理だという場合には、狭くなるのを妥協するか、浴槽のサイズを狭くしたり、デザインそのものから変えていくらでも広く見えるような浴室に設計し直すことでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市