住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

費用がかかりすぎた

浴室のリフォームでよくある失敗として、思ったよりも費用がかかりすぎたということがあります。

 

せっかくリフォームするのだから、ということで一般的なリフォームポイントである床や浴槽の他に、いろいろとプラスαをしてしまうのです。どうせなら、冬場でも洗濯ものが乾かせるように浴室乾燥機、しかも、せっかくだから高性能で暖房や涼風、換気もでき、ミストサウナがついているものがいいとかなり高価なものをチョイスしてしまう人もいます。また、浴室にテレビもつけたい、どうせなら大画面がいいだろう、音響も整えた方がいいというとかなりの費用が加算されます。さらに浴室を広く見せるため、必要以上に大きな出窓にすればそれだけ費用がかかりますし、大きな窓になれば今度は防犯が心配だから、セキュリティ設備もつける、などと、次から次へと、設備をつけていくのです。

 

もちろんお金に余裕がある人はいいですが、実際に明細書を見たら、予定していた金額よりもはるかに高くなってしまったということもよくあります。こういった設備をつけると、その機器の費用だけでなく、工事費もだんだん高くなり、結果的に総工事費がアップしていくのです。

 

こういった失敗をしないためには、最初からどういった設備が必要で、どの設備は不要か、というのを決めておくことです。そして業者にはしっかり見積もりを出してもらうことでしょう。業者によっては、平気で見積もりよりも高く請求するところもあります。そうならないためにも、『この金額以内でおさめてください』とつたえておくこともいいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市