住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

滑らない床

浴室のリフォームの際に、必ずと言っていいほど換えるポイントとして床のタイルがあります。昔ながらのタイルですと、濡れると足を滑らせてしまう危険性があります。若い人は滑っても何とかなるかもしれませんが、お年寄りの方や子供は、対応できずに転んでしまうことも多々あります。ただ転ぶだけでなく、浴室は広くありませんから床に頭をぶつけるだけでなく、蛇口や壁に身体をぶつけて大怪我をしてしまう可能性が高くなります。

 

最近の浴室の床の材質は、そういった危険性の少ない滑らない床になっているのです。どんな材質でも、水に濡れてしまえば、ちょっとは滑ってしまうことでしょう。ですが滑らない床の場合は、水に濡れてもすぐに乾いてしまう材質・構造になっているため、ほとんど滑ることはありません。

 

そして、そういった滑らない床は、ただ滑らないだけでなく、保温性にも優れています。冬場などは浴室に入ると全体が冷たいということもありますが、なにより冷たいのが床面です。それを解消するために急いで浴槽に入ろうとして怪我をするというケースもあるのです。リフォームの際には、床暖房を設置しなくても床タイルの材質を換えるだけで、冷たい思いをしなくて済みます。

 

こういった床の工事は、浴室のリフォームには欠かせない部分で、その費用は5〜10万円くらいかかるでしょう。ですが、滑る危険性を考えれば、是非とも換えてほしい部分とも言えます。特に高齢者のいる家庭では、高齢者だけでなく高齢者をお風呂に入れるケースもあるでしょう。そうなれば介護する人も危険が出てくるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市