住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

狭い

今新しく建てた家の浴室と、数十年前に建てた家を比べてみると、最も大きな違いというのは浴室の広さでしょう。一般的に、昔の日本の浴室の広さは0.75坪程度が標準とされていました。これは1600×1600、1400×1800といった広さになります。昔の家の浴室を計ってみるとおそらくこれくらいがほとんどではないでしょうか。

 

近年の浴室に対する不満点のひとつに、浴室が狭いということが多いようです。数十年前に比べて日本人の身長はかなり大きくなっており170p程度で大きいと言われていたのに、今では180pを超える男性も多くなってきています。そういう理由も浴室が狭く感じる理由かもしれません。

 

最近では、昔の0.75坪のサイズから1坪タイプ(1800×1800、1600×2000)のサイズの浴槽が増えてきています。

 

ただ0.75坪タイプでも、一人暮らしや、家族が大勢いても一人一人で入浴する場合には問題ないかもしれません。ですが、子供がいる家庭では親と子供が一緒に入浴するということもあるでしょう。時にはお父さんと子供二人、両親と子供一人、というように3人で入浴するということもあります。そうなると、0.75坪では狭いと感じることでしょう。浴槽にも2人で入るのはきついです。

 

そういった浴室の広さを解消するためには、浴室のリフォームをおこなうことです。もちろん浴室だけのリフォームだと大幅に広くすることは難しいかもしれませんが、数十センチ広くしただけでもかなり違いが感じられるかもしれません。また圧迫感をなくすため、窓をつけるのも広く見せるコツでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市