住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

子供・高齢者を入れるのが大変

若い人が古い浴室のお風呂に入る場合には、ちょっとは不都合があるかもしれませんが、それでもそれほど問題はないでしょう。ですが、子供や高齢者がいる場合にはとても大変です。

 

昔の浴室というのは、浴室に深い浴槽を設置するというタイプです。そのため、60pほどある浴槽をまたいで入浴しなければいけません。もちろん、若い人ならばそれでも問題なく入浴できるでしょう。ですが高齢者や幼い子供はできない事が多いです。もし介護が必要な高齢者がいる場合には、一緒に入浴しなければいけないケースもあります。もちろん最近では介護サービスも充実しており、入浴も専門の業者におこなってもらえることもありますが、時には家族が入れなければいけないこともあるでしょう。その場合、60pをまたいで入浴するのは力のある人でも大変です。

 

また赤ちゃんなどを入浴させる時にも、抱っこして60pをまたぐのは危険が伴います。まだ生まれて間もないくらいであればそれほど動きませんし軽いので大丈夫かもしれませんが6ヶ月〜1歳になるころには、8〜10kgにもなりますし、動きますからあやまって落としてしまったり、ぶつけてしまったりすることもあるでしょう。

 

しかも古い浴室の床は非常に滑りやすくなっているのでさらに危険性が増しますし、浴室の狭さも扱いにくくなる原因の一つです。

 

最近の浴室は洋式の浴槽を使用しているので高さもありませんし、床も滑りにくいものを使用していますから、高齢者や個度をも入浴させるのにも楽です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市