住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

空間を広く使える

昔の日本の浴室は、日本人の体形に合わせてかどうかはわかりませんが、比較的狭くできています。坪で言えば0.75坪程度です。ですが、最近では日本人の平均身長も高くなった事により、浴室が狭く感じる人も増えているようで、最近建てる家では1坪以上になっています。

 

浴室をリフォームするメリットして、そういった狭い浴室を広く感じさせることもできるのです。もちろん、家そのものは変えずに浴室だけをリフォームするのであれば、広くしようと思っても限界があります。出来るとすれば、外側に面している壁を取り壊し、外に数センチ広げるくらいです。また、家によってはそれもなかなか大きく広げられないというところもあるでしょう。そんな時にでも、リフォームでちょっと出窓を作ることで空間を広くすることができます。まったく広げられないという場合でも、窓を大きく取り付けることで圧迫感が無くなりますから、同じ床面積でも広く感じさせる事は出来ます。

 

もしも、出窓を作れるような状態であればちょっとでも作れば、その出窓の部分にシャンプー剤やトリートメント剤、美容用品などを置いておくこともできます。このようにリフォームをすることで空間をうまく利用して、狭い浴室でも広く見せることが出来るようになるのです。また、脱衣室もあるような家であれば、そこの壁をなくし、ガラスなどでちょっとだけつけるようにすれば、オシャレな浴室にすることもできますし、さらに浴室を広くすることもできるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市