住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

シロアリ

長年経過した在来工法で造られた浴室は、主に湿度が高い事が原因で土台や柱等の住宅を構成している木材が、シロアリで脆くなっている場合が多い所です。

 

阪神淡路大震災後、木造建築の専門家らが地震で倒壊した木造住宅を調べた所、そのほとんどがシロアリ被害を受けていたという結果が出ました。

 

木材で出来た固い土台や柱を、手で握りつぶせてしまうほど食い荒らすシロアリの被害は、屋根裏等の普段目にする機会のない場所で進行するためまさに脅威といえます。

 

こうした被害から住宅を守るには十分な対策が不可欠で、それにはまずシロアリの生態を知る事が重要です。

 

シロアリは世界に2200種類ほど生息しており、そのうち日本には16種類いる事が確認されています。

 

さらにその中で建築物に被害をもたらすのはヤマトシロアリ、アメリカカンザイシロアリ等の4種類で、浴室に縁があるのは枯れ木の中に巣穴を作り、湿気が溜まりやすい地上に近い部分、床下に被害を及ぼし、ほぼ全国に分布しているヤマトシロアリです。

 

シロアリは目が退化しているので餌となる木材は匂いで嗅ぎ付けます。普通シロアリは、マツを好み、ヒノキやヒバを嫌うとされますが、これは木材に含まれる僅かな量の油性成分から発せられる匂いが、シロアリを近づけたり、退けたりしています。

 

また木材に潜む腐朽菌によって傷み始めた木材からは、シロアリが特に好きな匂いが発生するため狙われやすくなります。

 

以上からシロアリ対策としては、床下を常に乾燥状態に保つ事が考えられ、具体的な方法の一つには業者に依頼して床下換気扇を設置してもらう事が挙げられます。

 

床下換気扇は現在色々な種類が出ていますが、大体2から4台くらいで良いとされ、費用は設置代込で10から30万円が相場です。もしもこれを遥かに上回る額を提示されたら、悪質業者の可能性が高いので要注意です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市