住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

お風呂をリフォームする時期

お風呂を長く使用していると、老朽化、劣化しますので、どうしてもリフォームの必要が出てきます。自分の家のお風呂はまだ平気、リフォームはしなくて良いと思っていても、水面下では着々と悪化しており、放っているとお風呂以外の他の部屋にも波及していきます。そうなると大規模な工事が要るようになってしまい、最悪手遅れになるかもしれません。

 

ですからお風呂が出来てから何十年も経過している場合は、一度点検してみて、リフォームをすべきかどうかの判断をしておいた方が良いでしょう。

 

替え時のサインとして、まずお風呂の寿命に注目してみるのが一番分かりやすく、在来工法ではおよそ20年から30年で、システムバスでは15年から20年ぐらいといわれています。

 

お風呂の状態にもサインが現れており、在来工法の場合、土台の傷みや傾き、壁内部の木の反りによって建物がゆがむ事でタイルに余計な力がかかり、ひびが入ったり、はがれたりします。

 

またお風呂とタイル、壁とドア枠等の間を塞ぐのに使用されたシーリング材が割れていたり錆が浮いていたりすると、そこから水が漏れ出して壁や床の内部を腐らせている事があります。

 

お風呂以外では洗面脱衣室の床がぶよぶよしている、きしむという場合は中の土台が腐朽していたり、シロアリが潜んでいたりしている可能性が大です。

 

早め早めに動くと、費用が少なくて済むメリットを得られるので定期的に点検し、替え時のサインの有無を確認した上でお風呂をリフォームする時期を見極めましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市