住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

半身浴

実は肩までじっくり浸かる全身浴を行うと、体に強い水圧がかかる事を知っていますか。なんと600キログラム以上もかかるといわれています。入浴後、体がだるいと感じるなら、それは水圧が原因です。

 

水圧は全身に働き、心臓に影響を与えるので、特に高血圧や心臓疾患のある方、高齢者等には大きな負担となってしまいます。

 

しかしぬるめのお湯に下半身だけ浸かる半身浴なら、あまり負担をかける事なく入浴を楽しむ事が出来ます。

 

半身浴とは腰より上、へそ辺りまでをお湯に浸ける入浴法で、湯の温度をぬるめの38度前後に、寒い季節の時は40度くらいにして、20から30分間浸かります。

 

すると下半身から徐々に体温が上がっていき、ついには全身が芯から温まって、汗がにじみ出てきます。半身浴を始めたばかりの頃はあまりかかないかもしれませんが、続けて行っていくうちに汗をかけるようになります。

 

浸かっている途中、湯の温度が38度よりも下がってきたら適宜追加し、上半身が冷える冬場は、風邪を引かないよう肩に乾いたバスタオルをかけて対処します。

 

半身浴は自律神経系の中枢である視床下部を刺激して副交感神経を活発にし、ストレスで上がった脈拍、血圧、呼吸数を通常の状態に正すので、リラックス効果があります。

 

またシャワーや全身浴よりも血流量が増加するため湯冷めしにくく、入浴後30分経っても皮膚温が下がらない事が分かっています。

 

半身浴をする前に、温度差も水圧と同じく心臓に負担をかけるため、浴室内や脱衣所を温めておく事を心掛け、半身浴をした後は汗を多くかいているので必ず水分補給を行いましょう。

 

また体の調子が良くない時や高齢者は、長い時間入浴すると逆に悪影響となる可能性があるので20分以下にとどめておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市