住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

規制2:マンション

マンションのような集合住宅をリフォームする場合、リフォームが可能な部分は、建物のどこまでが個人のものか示した区分所有法で定める専有部分のみという規制がかかります。

 

一般的に、玄関ドアの内側や錠、ベランダのサッシ内側、居室等が専有部分とされ、玄関ドアの外側、バルコニー、廊下等がリフォームしてはならない共用部分とされています。

 

つまり玄関ドアやサッシを新しいものに取り替える事は出来ないという事ですが、玄関ドアの内側の色を変更する、錠を取り替える、サッシの内側に同じものをもう1枚追加して二重にする事は出来ます。

 

また床の仕上げをフローリング等に変える事も可能ですが、階下住民への配慮で床材は、マンションごとに構成される管理組合が定めた管理規約によって指定されています。

 

浴室やトイレ等水廻りのリフォームは位置を変えないなら、単にシステムバスや便器等を取り替えるだけで済みますが、移動を考える場合は排水管の位置によって不可があります。

 

排水管が階下の天井裏にあるケースは水廻りの移動は困難となり、自分の住む部屋の床下にあるケースも水廻りの移動は厳しいですが、床を高くすれば可能となります。また、最近のマンションではリフォームする事を前提として、始めから床を高くした状態で排水管を通しているので、このケースなら無論水廻りの移動は可能です。

 

構造体以外のあらゆる部屋をがらりと変えられるスケルトンリフォームを行う場合でも、特にリフォームを考慮した造りでない古いマンションだと様々な規制がかかり、自由度が下がる事を知っておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市