住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

必要寸法

ユニットバスのリフォームを考えた際には、どういったユニットバスが設置できるのかが、大切となってきますよね。もちろん、ユニットバスのサイズは重要となってきます。

 

しかし、もうひとつ重要となる寸法があります。それは、必要寸法。必要寸法とは、ユニットバスを設置する際に、必要となる寸法のことをいいます。ユニットバスのカタログを取り寄せているという方であれば、カタログを見て頂くと分かるのですが、各メーカーのカタログには、必ずこの設置寸法が記載されています。図面などの部分に記載されていることもありますので、分かりにくいかもしれませんね。

 

この必要寸法を測ることができれば、どのユニットバスが設置できるのか分かりやすいですよね。しかし、この必要寸法を測るのは、一般の私たちにはとても難しくなります。

 

そのため、専門業者での現場調査が必要になります。この現場調査では、設置寸法だけではなく、ドア周りの寸法や床の高さ、天井裏の高さ、配管の状況、ユニットを搬入する際の道などを調査することになります。今現在も、ユニットバスを利用しているという場合には、天井にある点検口から設置スペースなどの確認を行っていきます。在来工法の場合には、実際に寸法を測ることで近い寸法のものを選ぶことは可能となりますが、実際に設置できるかどうかは、専門の業者にお願いしましょう。

 

このように、ユニットバスのリフォームを行う際には、設置するユニットバスの寸法だけではなく、必要寸法が必要ということになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市