住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

屋根の痛みの原因

屋根は家の中でも最も傷みやすい部分であります。屋根リフォームのサインに気づくために、屋根が傷んでしまう原因をしっかりと知っておく必要があります。

 

まず雨です。屋根というのは雨が直撃する部分です。雨によってしめると瓦に雑草やコケが生えてしまうことがあるのです。瓦と瓦の間に土がたまってしまって、そこから雑草やコケが生えてきます。その根をつたって毛細管現象のように、雨が内側に入ってしまいます。掃除していないと瓦がどんどん傷んでしまうでしょう。

 

瓦には落ち葉がたまってしまうこともあります。これも毛細管現象で、内側に雨水をおくってしまうことにつながるのです。

 

瓦がずれてしまっても問題です。目で見て確認できるほどずれていたり、浮いてしまっていたりすると雨が入ってくるでしょう。この場合は葺き替えをしなくてはなりません。

 

瓦の破損も同じです。軒先から落ちそうな瓦があったり、何らかの衝撃で割れてしまった瓦があるときは、もちろん葺き替えが必要です。その破損した瓦だけでなく、ほかの瓦もよく診断しなくてはいけないでしょう。瓦が落下でもしたら、大きな事故になってしまうことだってあります。気づいたら早く直すべきです。

 

雨の流れ落ちる勢いが他の家に比べて遅くても注意しましょう。瓦の表面が滑らかさを失っているというサインかもしれません。内部に雨が染みわたって、中のものを傷めてしまいます。

 

BSアンテナやソーラーパネルなど設置で業者が屋根に登るときも屋根を傷める原因になります。リフォームの機会に設置するようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市