住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

屋根材について

屋根材は普通、素材によって分類されていることがほとんどです。

 

瓦葺きは粘土の形を変えて焼いた屋根材です。形によって洋風や和風に分類されています。瓦葺きは火事が起こりにくく、防水性や遮熱性にも優れていますが、重いというのが特徴です。また何らかの衝撃によって壊れやすいという欠点もあります。

 

金属板の屋根は銅板や鋼板、アルミニウム、ステンレスなどの種類があります。長方形の平板を横長に葺いていく方法と縦長に並べたように葺いて行く方法があります。加工がしやすいというメリットがありますが、錆びやすいというデメリットもあります。

 

薄い板状の石を使った屋根材をスレート屋根といいます。彩色スレートがよく使用されていて、繊維とセメントをもとに造られています。色もたくさんあって選ぶことができるので、人気が高いのです。

 

アスファルトシングル葺き屋根というものもあります。無機質繊維にアスファルトを塗って、細かい砂利をつけたものになります。防水性や耐震性があり、複雑な形をした屋根にも使えるのです。

 

木造住宅は屋根材の重さが大きく影響を与えます。建築基準法では耐震性を考えて、重さが重たい瓦葺き屋根の建物と、金属など軽い屋根の建物に分類して、壁量の計算を行うときは計算係数を変えています。屋根の重さが軽いと、壁の量が少なくて済むということなのです。

 

また屋根が何を素材にしているかによって最低勾配の決まりがあります。屋根の形と葺き方によって違い、雨漏りなどのトラブルにならないようにしているのです。屋根の勾配は家の見た目を大きく変えます。

 

これらを踏まえてトータルで屋根材を選ぶ必要があるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市