住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

屋根リフォームの時期

屋根というのは傷みやすく、劣化するのが非常に早いです。しかしいつリフォームしたらいいのか疑問に思っている人も多いでしょう。次に挙げるようなことを発見したときはリフォーム会社に相談するべきといえます。

 

まずは屋根の色が当初よりもだいぶ褪せたときです。屋根は雨などの気候を直接受けてしまうので、色もだんだんと褪せてしまいます。家が建てられて10年経てば、このような状態がよくみられます。

 

屋根の色にサビがついたときも同じです。屋根というのは雨が降った後や台風が来た後に錆びつきやすくなります。そのままにしておくと、穴が開いてしまって雨漏りになることだってあります。

 

また雨上がりにはコケも生えやすいです。コケが生えてしまうと、家の見た目も悪くなってしまいます。

 

続いて瓦についてみていきます。

 

瓦のズレやすき間を見つけたらリフォーム会社に相談するべきです。時間がたつと強風などの影響で、瓦がズレてすき間ができることがあります。もちろん放っておけば雨漏りになってしまうでしょう。

 

鬼瓦のズレも放ってはおけません。鬼瓦というのは固定補強材というものを使っています。この固定補強材というのが、鬼瓦の落下の原因になってしまうことがあるのです。もちろん普通の瓦でも、ズレていたら落下する可能性があります。

 

棟が壊れている場合にもリフォームが必要です。長年の雨風、台風などで棟が壊れてしまうのは仕方のないことです。それによって直接雨が下地に浸透して、家を傷めてしまうことがあります。

 

家を傷めないためにも、屋根の異変に気づいたら早めにリフォームを考えましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市