住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォーム後の室温変化

屋根のリフォームをした際、リフォーム前よりも2階の部屋が寒くなってしまったというケースがあります。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

 

これは瓦葺き屋根だったものをカラーベスト屋根にしたときに起こることがあります。カラーベストにするときには、屋根の下地に直接カラーベストをのせる方法があります。この方法はかなり簡単なものなのですが、その影響で前よりも部屋が寒くなったと感じるのです。

 

これはカラーベストと屋根下地のあいだに空洞がないことが原因です。瓦葺き屋根の場合は下地の上に土を敷いて瓦をのせています。そのおかげで夏の強い日差しや冬の厳しい寒さをその土が遮っていました。仮に土を敷かなくても、下地との間には空洞があって空気が通れるようになっていたので、温かさはあったのです。

 

カラーベストというのは、断熱性がもともと低いといわれています。下地に直接カラーベストを貼っているのであれば、外の気温や天気の影響を受けやすいのは仕方ないのです。

 

解決方法はないわけではありません。一度リフォームしたカラーベストを外してしまいます。そして下地の上に木を置いて再びカラーベストを敷き直すのです。

 

屋根は様々なところで家の耐久性や快適さに影響を与えます。人によって価値観は違いますから、暮らしの中でもどの部分に価値を置くか変わってくるでしょう。リフォームする段階でしっかりと計画を立てて、自分の住まいにあった屋根を選べるようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市