住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

高齢化対策のリフォーム

バリアフリーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。高い段差や手すりなど、お年寄りや身体障害者の暮らしやすさを考えて作られたもののことを言います。高齢化がすすんで、住宅内に潜んでいる危険性についての認識が広まってきています。老後に備えてリフォームを考える人も増えてきているのです。

 

住まいの高齢化対策にはいくつかの段階が考えられています。まずは家庭内事故による骨折などを前もって防ぐことです。そして病気や加齢のために身体が思うように動かなくても、できるだけ自立して生活できるようにすること、さらに車椅子での生活の対処、介護負担の軽減や寝たきり状態への配慮ということになります。

 

室内の段差を無くすということは、すべての段階の人に有効です。しかし手すりまでは必要ない場合もあります。必要になったときにすぐに取り付けられるように、リフォームと同時に壁下地の補強だけでもしておくといいでしょう。

 

室内建具もよく見ましょう。住宅の洋風化でドアが多かったのですが、引き戸の良さが今見直されています。ドアよりも引き戸の方は動作が楽なのです。またドアだと空いていると邪魔になってしまいますが、引き戸なら邪魔になりません。

 

バリアフリーにするなら間取りの変更も考えるべきです。通路や浴室、トイレなどの空間を広げてみてはどうでしょうか。浴室やトイレは快適な生活を送るには欠かせません。そして事故の起こりやすい場所でもあります。最近ではバリアフリーのユニットバスや入浴を助けてくれる機器や器具もたくさんあります。身体レベルに合わせて選択するようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市