住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

耐震を考えたリフォーム

日本は地震の多い国です。阪神淡路大震災が起きて、それをきっかけに耐震診断や補強の技術が急にすすみました。リフォームに向けた建材もいろいろと開発されています。

 

大地震に遭ったとき自分の家は安全なのか、これを判断するのにまず建物の築年数が分かるといいです。建築基準法の現行の耐震基準が施行されたのは1981年6月1日です。それ以降に建築確認が下りているものであれば、一応の安全性は確保されているでしょう。

 

木造住宅では建物の形状が複雑だったり、開口部が広くて壁が少ないものほど地震に弱いと言われています。ホームページで調べてみると、簡単にセルフチェックできるサイトがあります。診断ソフトを配布してくれるものもあります。これらを利用するのもいいでしょう。あくまでも壁の割合や建物の形など、外側から見て分かることから判断する簡単なものです。信頼できるプロの目で見てもらうのが一番いい方法ではあります。

 

民間の業者でも、営業活動の一つで耐震診断を行っています。中には不安につけこんで強引に契約をとろうとする悪徳業者もいるかもしれません。頼みもしないのに押し掛けてくるような診断業者は注意しましょう。身元をよくチェックしないで申し込んではいけません。

 

補強の方法には建物を壊さないで外側から支えるもの、床や壁をはがして構造体に手を加えるものなどいろいろあります。建物の状態や補強する部分によって、工事の緊急性や優先順位も異なります。相手が天災である以上は絶対に倒れない家をつくることは無理ですから、重要度に応じた計画を立てるようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市