住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

外装材について

外装材そのものを新しくするには、もともとの古い材料を撤去してしまうか、既存の屋根、外壁の上に新しいものを重ねる方法があります。

 

葺き替えや張り替えの場合は、取り壊しの手間と材料処分の費用を考えなくてはいけません。そして工事期間も長くなってしまいます。しかし建物の下地や構造をしっかり確認して補強することができるというメリットになります。

 

金属系の屋根から日本瓦へしたり、モルタル外壁をタイル張りにしたり、材料の変更ができるかどうかは建物の状態によります。あまりにも老朽していると、思っていた通りにできないこともあるのです。既存の材料よりも重たくなってしまう場合は、その重量を構造体が支えられるかどうかが問題なのです。耐震性を高めたくて粘土瓦から金属系屋根などの軽いものにする場合がよくみられます。

 

屋根材の選択は屋根勾配にも気をつけなくてはいけません。金属瓦棒葺きの屋根は日本瓦を葺くには勾配が足りないことが多いのです。スレート瓦でも足りないことが多々あります。また既存の屋根が金属系やスレート瓦であれば、重ね葺きが可能なのです。外壁にも重ね張り専用の材料が開発されているのです。

 

このような方法については廃材が少なくて済みます。工事の費用についても意外と安くて、工事期間が短いというのがメリットです。もともとの屋根や外壁を撤去しないので、工事中の生活に大きな影響を与えません。

 

外装材が2重になるので、断熱性や遮音性が向上する場合もあるようです。しかし材料の重みは増すわけなので、構造や下地がしっかりしていないとできません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市