住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

注文したリフォームと違う

リフォームが完成して見てみたら、希望した内容と違った出来上がりになっていた、なんてトラブルがたまにあります。業者にミスがあって他の材料を使って工事を進めてしまった、依頼者にばれないように安い材料で作ってしまったなど、業者に問題がある場合ももちろんあります。

 

しかし注文したリフォームと違うというトラブルは、だいたいが依頼者側の確認不足によって起こることなのです。打ち合わせの段階で依頼者が出来上がりのイメージを業者にしっかりと伝えていなかったり、材料についてあまり理解しないで話をすすめてしまったために起こります。せっかく工事が終わってリフォームが完成しても、依頼者が納得しなければ意味がありません。しかしこの場合は完全に依頼者のミスでしょう。

 

このようなミスがないように、依頼者は工事中もまめに内容を見ておくようにしましょう。思っていた材料が使われていなければ、その場で話して替えてもらうこともできます。出来上がってから気づくよりもいいです。

 

しかしこれは依頼者の勝手な都合です。追加料金が取られてしまっても文句は言えません。見積もりの段階で気付けなかった依頼者が悪いのです。イメージをしっかりと伝えなかった業者が悪いといっても無理でしょう。

 

自分のミスを認めた上でリフォーム内容の変更を申し出るようにしてください。業者の手間を増やしてしまうのですから、追加料金がかかるのは当たり前でしょう。思わぬミスがないように、最初の話し合いは念入りに行いましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市