住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォームが終わったら

リフォームがすべて終了したら、依頼者はまずどうしたらいいのでしょうか。

 

普通はまず完了検査といって、依頼者と業者ですべてのリフォームがしっかりと出来上がっているか確認をします。ここでは依頼した内容と違っていないかをよくチェックしましょう。また、材料を運ぶときにぶつかって、どこかに傷がついていないかもチェックするといいでしょう。

 

この完了検査は依頼者1人だと見切れない部分もあるので、何人かで参加するようにしましょう。1人では気付かなかったところが見つかるかもしれません。

 

キッチンのリフォームなどで新しい器具の使い方の説明を受けるときは、主に使うであろう人が立ち合うべきです。使用方法をしっかりと説明してもらいましょう。

 

この完了検査の段階で不具合が見つかったらどうしたらいいのでしょうか。

 

もちろん当初の契約通りにリフォームをしてもらう必要があります。改めて工事の内容や日程を決めてもらい、書面にしてもらいましょう。すべての工事が終了した時点で、引き渡し証明書や説明書、そして請求書が渡されます。それらを確認して納得できたら、支払いを行うようにしてください。請求書だけ見て支払ってしまわないように注意しましょう。

 

完了検査で不具合が見つかったとき、まだ直してもらってないのにお金を支払ったりしては絶対にいけません。悪徳業者によくある手口なので、気を付けましょう。自分の目で見てリフォームが出来上がったと納得できたら本当にリフォーム終了です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市