住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

契約書の交わし方

リフォームに限ったことではありませんが、契約の鉄則は大きく分けて2つです。納得した上でハンコを押すことと、約束の証拠を残すということです。

 

契約を結ぶという行為に至るまでには、リフォームの内容と費用、それらが細かいところまで明らかになっていないといけません。どの材料を使ってそれらに費用がどれくらいかかるのか、図面や見積書も揃えて十分に納得できてから契約を結ぶことになります。

 

その間は急がされようとも脅されようとも、決して折れてはいけないのです。そもそも脅すような業者があれば、契約するのはやめた方がいいでしょう。業者が信頼できそうでも、詳しい事はあとでと言ってとりあえずハンコだけ求めてくるような場合も、それに乗ってはいけません。

 

リフォームの大きさによっては設計に時間がかかってしまうこともあるでしょう。その間にお金が入らないと困るという業者もあります。この場合は、契約前に設計料の何割かを前払いするという方法をとるのが普通です。

 

さて契約に必要なものはどんな書面で、そんな内容が記載されていればいいのでしょうか。

 

契約書は表題部と取り決めを列挙した部分で構成されています。表題部には工事名や工事場所、工事代金、期間、支払い時期と方法などが記載されています。取り決めの方は変更や補償について、第三者に損害を与えた場合の賠償負担について、支払い遅滞の違約金についてなどが細かく掲げられています。小規模のリフォームで用いられているような簡単な契約書でも、基本的には同じです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市