住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

屋根の構造について

日本の屋根にはいろいろな種類があります。屋根の形も実に様々です。

 

最も一般的な屋根の形は切妻屋根でしょう。屋根のてっぺんを境に両方に傾斜する逆V字の形の屋根のことです。四方向に向かって傾斜している寄棟屋根もよくあります。四注造りともいわれている屋根です。そして片流れ屋根といって片方に傾斜している屋根もあります。比較的に簡単な屋根の種類です。方形屋根はひとつの頂点から四方八方へ同じ角度で傾斜した屋根のことです。この方形屋根は寺院などでよく用いられているのです。バタフライ屋根といって、V字になっている珍しい屋根もあります。切妻屋根を逆さにしたような形です。

 

屋根の最大の役割は雨などを家に入れずに流し落としてくれるところでしょう。そのために形はいろいろと工夫されてきました。どのような形が一番優れているというのは一概にはいえませんが、雨漏れしやすい屋根の形というのがあります。

 

屋根の形というよりも、T字L字など家の形によるといえます。形が変わっている家だと屋根と屋根が出会う部分に境界線ができてしまって、そこに雨はたまりやすいです。たまった雨水が染み込んでくると、いずれ雨漏れになってしまうでしょう。

 

雨漏れを考えるのであれば、シンプルな形の家に住むのが一番です。雨漏れになってしまうと、そこから染みて壁や柱も傷めてしまうことがあります。屋根のリフォームをするなら、思い切ってシンプルなデザインの屋根にしてみてはどうでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市