住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

消防法

内装のリフォーム工事については、その建物のなかで暮らす人の安全のために、さまざまな規制が設けられています。そして防火に関しては、建築基準法と消防法によって具体的な規制が定められています。

 

消防法では、防火規制を受ける防火対象物を定めて、その部分に使用できるじゅうたん類やカーテン類は防炎物品でなければならないと定め、内装材には「製品情報ラベル」というものが添付されていなければならなくなりました。

 

この製品情報ラベルには、「防火製品表示」がきちんと記載されていなければならないとなっています。製品情報ラベルには、ほかにシックハウス対策としての「ホルムアルデヒド情報」の記載も必要となります。

 

内装リフォームの業者は、このラベルの表示を見ることによって、工事に使用する内装材が法的規制上、問題がないかを確認することができるというわけです。

 

さらに、内装リフォーム工事の管理者は、この表示を見て法的規制に抵触しないか判断したうえで、施工の段階になると、建築基準法や消防法に従った工事を行う必要が出てきます。そのため、内装工事の規制に関しても専門的な知識を有していなければなりません。

 

そこで、壁装施工団体協議会は、防火壁装施工管理者の資格制度を定めて、工事の責任を明確にしています。

 

すなわち、防火壁装施工管理者は、工事を行った内装の施工部分については、防火規制に関してどのような内装材を使用したかを、施工管理ラベルをつけて標示するように義務づけているのです。

 

そして、施工管理ラベルについての表示義務違反は、壁装施工団体協議会から資格停止などの処罰を受けることになるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市