住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

製品情報ラベル

内装リフォーム工事は、人が実際に居住する空間を演出する工事でもあるため、何よりも安全性や快適性が求められます。

 

そこで、建築基準法では、内装材について防火材料を用いるよう規制をしたり、シックハウス対策の義務化をしたりしています。また、消防法では、いくつかの内装材については防炎物品を用いることを義務づけています。そして、販売される内装材については、出荷前に「製品情報ラベル」といったラベルを貼ることが決められています。

 

この「製品情報ラベル」には、防火製品表示とホルムアルデヒド情報が記載されていなければなりません。ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群を引き起こす元凶ともいえる成分で、居室内で発散されると衛生上重大な病気を引き起こしてしまうもので、2003年に建築基準法の規制の対象となりました。また、防火製品表示については、防火性能や施工方法、防火材料認定番号などが表示されることになります。

 

内装リフォーム業者は、内装リフォームの工事にあたっては、工事で使用する内装材が建築基準法上問題ないかを、これらのラベル表示で確認して判断して使用していくわけです。

 

また、製造元が内装材を出荷する際に、ロール状など大きな製品単位として出荷して、その製品を流通の段階でカットして販売するような場合は、日本壁装協会に登録している有資格者が「日本壁装協会登録・シックハウス対策品」というラベルを販売製品ごとに添付して販売することになっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市