住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

シックハウス対策

内装工事でクロスを仕上げ材として使用するときは、建築基準法によって、JISまたは国土交通大臣の認定を取得して、発散等級を明らかにしなければならなくなっています。

 

これは、シックハウス症候群という部屋のなかにいることで発症する健康障害の要因の一つとして、建材に用いられる化学物質が起因しているということがわかったためです。そこで、その規制として定められたわけです。

 

シックハウス症候群の症状としては、目が痛い、喉が痛い、めまいや吐き気を感じる、頭痛がするといったものがあります。シックハウス症候群の原因は、ホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどの建材に用いられる揮発性の高い有機化合物と考えられていますが、発生には個人差もあり、まだ解明されていない部分が多くあります。

 

ホルムアルデヒドなどの成分は、フローリング材や合板、壁紙、接着剤などさまざまな建材に用いられているだけでなく、芳香剤やタバコの煙などからの発生もみられ、その発生を完全に防ぐことは困難とされています。

 

規制においては、居室を有する建築物は、その居室内において政令の定める化学物質の発散による衛生上の支障がないよう、建築材料および換気設備について政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならないとし、内装仕上げの制限と換気設備設置の義務づけ、天井裏などの制限などを明文化しています。

 

今後の住宅のリフォームでは、省エネのための気密性に加え、つねに外の新鮮な空気を入れる換気についてなどにも真剣に取り組んでいかなければなりません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市