住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリー

バリアフリーの工事は、手すりをつけたり、滑り止めを施したり、段差をなくすなど、さまざまなことが行われます。

 

バリアフリー工事は、介護保険での工事が可能で、20万円を限度額として、そのうちの9割が保険で支払われ、自己負担は1割となります。工事金額が20万円を超えた場合は、超えた分の金額は自己負担となります。これは、「高齢者住宅改修費用助成制度」と呼ばれる補助金制度によるものです。

 

介護保険でのバリアフリーのリフォーム工事には条件があり、対象となる人は要介護1〜5の認定を受けた人となります。

 

また、対象となるリフォーム内容は、居室や廊下、便所などの段差の解消、浴室などにおける滑り防止のための床材の変更、開き戸を引き戸などへ変更するなど扉全体の取り換え、和式便器から洋式便器への取り換えなどとなっています。

 

実際に住んでいても、そこに住所をおいていなければ対象にならず、20万円以内であれば、数回に分けて工事をすることが可能です。

 

バリアフリーのリフォーム工事には、自治体によっては独自の補助金制度を設けているところもあります。また、障害者として認定を受けている人の場合、ほとんどの自治体でバリアフリーリフォームに補助金制度が適用されます。施工前に、ぜひ市町村の窓口などで相談してみましょう。

 

バリアフリーへのリフォーム工事への補助金の支給を受けるためには、本人名義の領収書、工事費内訳書、改修前と改修後の写真が添付された改修完了確認書を市町村の介護保険課へと届け出なければなりません。改修前の写真などは改めて撮影することはできないので、忙しくても忘れないようにしなければなりません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市