住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

外断熱

日本では、住宅の断熱については、従来、内断熱という建物の内側から断熱する工法が採られてきました。

 

内断熱工法は、グラスウールなどの断熱材を柱や筋交いなどの間に入れる施工方法で、低コストでできるのが大きなメリットでした。また、内装工事が中心になるので、リフォームについても手軽な工事で十分対応できるものでした。

 

しかし、この内断熱工法には、大きな問題があったのです。それは、工事において柱や筋交いには何の処理もしないので、その部分だけが断熱性能が弱くなってしまい、同時に、壁の内側には結露を発生させてしまうという点です。その結果、住宅としての寿命が縮まってしまうのです。

 

この内断熱工法に対するのが、外断熱工法です。この工法では、建物をすっぽり断熱材で覆ってしまうという方法がとられます。内断熱工法との違いは、壁の内側を断熱工事するか、外側を断熱工事するかの違い程度です。

 

ただ、断熱材が違い、内断熱がグラスウールを使用するのに対して外断熱ではプラスチック系の素材を主に使用します。

 

外断熱は、夏の暑さや冬の寒さをシャットダウンして部屋のなかへ入れないので、冷暖房でのエアコンの電力消費も削減できるものです。省エネにも通じるところが、近年注目されている理由の一つでもあります。

 

そして、日本は高温多湿という気候であるため、室内温度が一定に保たれて結露の発生しにくい工法は、建物の寿命も延ばしてくれ、まさにうってつけの工法ともいえるのです。

 

日本で今まで外断熱工法があまり普及しなかった理由は、断熱材の価格が高価であったことが挙げられます。

 

しかし、現在では、コストも安くなりはじめ、同時に耐震性や快適性、そして永年住宅の考えなどが加わると、トータルでは決して高いものではないという意識が広まってきました。今では、リフォームとして、外断熱を採り入れるケースも多くなってきています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市