住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

内装リフォームの時期

内装リフォームを行うには、その時期も検討する必要があります。

 

内装の場合、人がどのような住み方をするかで劣化の度合いも異なってきますが、普通に住んでいても、リフォームしたほうがよいとされる、リフォームの目安の時期というものがあります。表現としては、築何年後といった形で示されます。

 

たとえば、板張りの床は、毎日人が歩く場所であるため、随時その状況を見て考える必要があります。一般には、フローリングは15〜20年が張り替えの目安とされています。カーペットならば1〜2年ごとにクリーニングを行い、6〜10年で敷き替えを考えたほうがいいとされています。そのほか、畳は1年に2度ほど干してみて、何度か繰り返したのちに状況次第で敷き替えを考えます。

 

壁は、カビや汚れ、はがれなどの状況を見て、随時貼り替えを検討するようにします。一般には、5〜6年が目安とされています。

 

天井はシミなど目立つようになるときが目安になるでしょう。全体的な補修は、築15年が目安とされています。

 

このように、住んでいるうちに劣化してきたことでリフォームする場合のほか、より自分の暮らしを豊かにするためにリフォームしていく場合があります。

 

その時期というのは、主に家族構成が変化するときが多いようです。今まで子ども部屋として使っていた場所を、子どもが離れて暮らすことになって祖父母の隠居部屋にしたいという場合もあれば、逆に小さな子どもための勉強部屋に作り変えたいということもあるでしょう。こういったときは、子どもの入学や卒業などの前がリフォームのタイミングとなります。さらには、会社を退職するときや、住居で自営業をはじめたりする場合などもあるかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市