住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

歴史

人が家に住み始めたのはいつごろなのでしょうか。人類の歴史で最初の家は洞穴に住みついたようですが、その当時は玄関などというものはなかったでしょう。単なる「出入り口」だったと思います。それを玄関というにはちょっと抵抗を感じるのは私だけでしょうか。

 

しっかりとした家を建てて、人が出入りする場所を立派に見せるようにしだしたのはやはり4大文明のエジプト、中近東、中国かヨーロッパのあたりから始まったのでしょう。たまに歴史探検のテレビ番組をみると数千年も昔からしっかりとした家を建て、出入り口にデコレーションを施した部分を「ここが玄関です」などとレポーターの人が紹介してくれるのを見ると、それは立派なものです。そんな昔の人たちが出入り口をしっかりと造るようにしていたのを見ると、現代の人も玄関をしっかりと造っているのは、人間のDNAに刻まれているためなのでしょうか。

 

日本では高床式の倉庫・正倉院の時代に建築物はありました。もちろん扉があったのでそれが玄関として使われていたのでしょう。しかし一般的な人が住むところとしては、まだテントみたいなものに居住していたと考えられているようです。現代に続く家の基本はやはり神戸に残っている「千年家」と呼ばれる古民家なのでしょうか。藁ぶきの屋根に縁側があり、なんと1977年まで実際に使用されていたそうです。

 

日本の家屋の歴史は、世界の中ではたいして古くはありませんが、地震・台風・はっきりとした四季がある風土で独特な発展をしているようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市