住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォーム予算

リフォームをお願いする業者が決まり、リフォームを始める前に細部にわたるまでの話し合いを重ねます。この話し合いの場で業者を選ぶ段階でいただいた見積金額と違いが出るころです。一般的に業者は部材を標準材をあてこんで見積もり金額を算出します。と言いますのも、施主である我々の方がそうした部材の良し悪しをよく理解していないからです。ですからお見積りの金額は全てにおいて一般的な部材が適用されているのです。

 

このように部材をすべて業者に任せておくと、業者の無難なテーストでリフォームが完成させられてしまいます。おそらくそうした状況を好む方も多いのかもしれません。しかし、業者さんがリフォーム後に住むのではなく、施主であるあなたが住むのです。ですから標準的なものではイヤであれば変更してもらった方がいいかと思います。

 

床材、壁紙材、窓、そして電飾材なども業者さんはサンプルかスティッチと呼ばれるサンプル本を必ず持っています。触れるものはしっかりと触って感触を確かめましょう。色合いについても、それぞれの部材を組み合わせて部屋を作ったらどのような感じになるかをしっかりと想像してみましょう。業者さんが用意する標準材の中には選択肢が多いものが結構あります。色ですとか、デザインを変更するだけでリフォームがよくなる可能性があります。それにもかかわらず、標準材使用は変わりませんので、御見積金額から大きく逸脱するようなこともありません。

 

納得のいく部材を選択して、話し合いの最後に初期見積もりからどれくらい上下したかをしっかりと聞いておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市