住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

光の取り方

一般的に玄関はさほど広い空間ではないと思います。せいぜい3〜4畳程度の広さが一般的ではないでしょうか。しかし、日本では靴を脱ぎ、土間から床にあがる仕切りがあります。そしてその空間でお客さんが来た時に出迎えるのです。このような日本人の好む玄関の機能があるため、玄関内部の明るさも重要な部分です。

 

お客さんが来た時に玄関が薄暗ければ、なんとなく印象がよくないような気がします。したがって昼まであれば光がいっぱいに差し込むような玄関が好まれるのではないでしょうか。玄関の光の取り方にはいくつかあると思いますが、一番恰好がいいと思うのは2階部からの吹き抜けタイプです。家の事情にもよりますが、玄関部分の2階が吹き抜けになっていると、光だけでなくゆとりの空間まで提供してくれます。このような玄関だとお客さんが来られても非常に印象がいいのではないでしょうか。

 

別に来客だけでなく、仕事に出かける時や学校へ出かける時にもなんかゆっくりと靴を履いて、忘れ物がないかどうか確認してみたり、家族と一言二言会話をする空間にもなるのではないかと思います。残念ながら私はそうした吹き抜けの玄関に憧れていたのですが、いかんせん2階部分が玄関の上にないので夢となって消えてしまっています。こんな玄関を我が家で作ろうものなら2階部分のリフォームまでしないといけません。

 

光の取り方で人の気持ちも大きく変わると思います。もし玄関のリフォームがこれからという方は光と空間を利用した玄関リフォームをお勧めします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市