住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

目的

リフォームをしようと考えている方は、まずやっておきたいことは「なぜリフォームをしたいのか」という目的を明確にすることです。この目的が明確でないと、「せっかくリフォームするのだから、ついでにこことあそこもやってもらっちゃえ」といった勢いがついてしまい、気がつくと当初の目的よりもかなりいろいろな所をリフォームしてしまい、請求書を見てびっくりする、ということになりかねないのです。

 

私自身過去の経験から、女性はなにか大きなイベントが始まる時に、かなり大胆になるようです。自身2回ほど実家のリフォームをしてきていますが、私の父が最初にリフォームした時には「予定の3倍ほど出費した」そうです。なぜかというと、母が「どうせならキッチンとリビングの床も全部換えたい!」という追加希望を聞き入れたからだそうです。私が家長になっている時にやはりリフォームをしましたが、その時も妻に「どうせならお風呂も直したい」という意見がプラスされ、結果として予算の1.5倍ほど払った覚えがあります。

 

目的をはっきりさせ、しかも家の中の女性陣にあまりいろいろと言われても、当初の目的にこだわってリフォームを進める方が得策かと思います。「そんなことないわよ!」とこの文章を読んで憤慨している女性もいらっしゃるかも知れませんが、わたしの従兄も友人もほとんどが出費増を強いられたようです。一般的に女性の方が家にいる時間が長いのでこのような現象が起きるのは仕方ないことかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市