住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

トイレ

トイレは誰でも毎日使用するものですが、トイレを一回使用するたびにどれだけの水が消費されているかを知っている人は少ないのではないでしょうか。トイレの水は、家庭で使用する水の中では消費されるのが一番多いと言われています。

 

ひと昔前の古いタイプのトイレの場合、一回流して使われる水の量は約10〜15リットルで、中にはそれ以上のものもあります。家族が多ければ使用回数も多くなり、それだけ水道代も高くなってしまいます。但し、トイレの技術も日々進化してきており、最新のトイレでは一回の使用量が4リットルという商品が登場し、昔に比べると3倍から4倍ほどの差があります。メーカーによって機能や形など様々ですが、今では節水できるトイレなどエコの開発競争が各社で繰り広げられています。

 

エコなトイレは少ない水の量でも強力な洗浄であるだけでなく、デザインも淵や凹凸のないデザインで掃除がしやすいものが人気です。また、従来は便器とタンクが付いているのが通常でしたが、現在ではタンクレスの便座が登場し、狭い空間でも広々使えるような工夫がされています。

 

また、高齢者や小さい子供のいる家庭では、バリアフリーを考えたデザインにすることも可能です。タンクの上で手を洗ったり、レバーで流すなどの作業は、高齢者や小さい子供の場合には不便である場合もあります。そのため、トイレをタンクレスにするだけでなく、レバーを無くした自動洗浄機能、フタの自動開閉機能の他にも、手すりを付けて高齢者と幼児にやさしいエコなトイレにすることができます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市