住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

節電

節電はエコリフォームをする上で最も大きなポイントと言えます。家庭での消費電力で一番多いものは冷暖房の使用による電力です。特に近年では、夏場は全国的に猛暑が続いたりとクーラーは無くてはならない存在となっています。

 

冷暖房以外にも、冷蔵庫やテレビ、照明などの家電で使用する電力は毎日消費されていますが、そうした中で一人一人が節電に気を付けることはとても大切です。エコリフォームでは、部屋の断熱性能を上げることでより節電に効果のあるエコな家作りをすることが可能です。

 

住宅には、断熱性能の基準で省エネルギー基準が定められており、住宅が建てられた年代によってその基準も変化してきています。古い年代の住宅は、古い基準で建てられているので、どうしても断熱性能は低くなってしまいます。そのため、断熱性能を上げるためには、窓や壁、床などのエコリフォームが必要となります。

 

窓は、外部の空気が室内に入ってこないように、今ある窓に内窓を取り付けたりサッシの交換が効果的です。これによって室内の空気も外部にもれにくくなるため、冷暖房の効率が上がり節電しながら快適な室温を保つことが可能です。

 

壁には、壁材に調湿効果や空気洗浄作用のあるものを使ったり、断熱材を使用することで結露を防ぐなど外部の気温に影響しにくい壁にすることができます。

 

床も同じく断熱効果のある素材にすることで、より快適で節電のできる部屋にすることができるためおすすめです。

 

但し、部屋のリフォームだけでなく、使用している家電も消費電力が低くなるようにこまめに掃除したり、省エネタイプを選ぶことも大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市