住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリー住宅とは

バリアフリー住宅とは簡単に言ってしまえば高齢者や障害者の方が自立し、安全に暮らせるようにさまざまな工夫を凝らした住宅のことを言います。玄関などの段差をなくしたり、通路の幅を広くしたり手すりをつけたり、将来介護が必要になったときに改造しやすい間取りにしたりなどの配慮がされています。

 

また、経済的な面やその時の体調に合わせますので高齢者の方のためのバリアフリー住宅はいろんな種類があります。

 

リフォームも一つの手ですがその他にもシルバーハウジング・高齢者向の有料賃貸住宅といった賃貸形式のものや、老人ホーム・ケアハウスなどといったスタッフがサポートするタイプのものもあります。

 

シルバーハウジングは毎日生活援助員が来て安否を確認してくれます。ケアハウスは自炊できない高齢者が入居することができ、しかも個室です。老人ホームはずっと入れるタイプと、ある期間まで入居できるタイプがあります。

 

しかしながら今現在は健康でもいつか介護が必要になるときがくるかもしれません。事情は人それぞれですので一概には言えませんが、思い切ってバリアフリーにリフォーム、もしくは建てることをオススメします。より安全に快適に暮らせることも大事ですが、家族と共に過ごせるというのは何よりも心の支えになるのです。

 

また、バリアフリー住宅には「高齢者等配慮対策等級」というレベル等級があります。バリアフリー性の度合いを表しており、等級は1から5までで表示され、バリアフリー住宅の基準となっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市