住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

医療・福祉機関

現在、医療・福祉機関では一部を除いてほとんどがバリアフリー化しています。

 

大きな総合病院では出入り口は段差をなくして車椅子の方でもスムーズに移動することができます。院内も手すりやエレベーター、病院によっては入り口に階段とスロープを両方設置しているところもあり、不便に感じることはあまりないと思います。また、目が不自由な方のために振動呼び出し機を貸し出してくれるところもあります。

 

個人病院ではバリアフリーになっているところと、なっていないところがあります。出入り口にスロープがついていても玄関に上がりまちがあったり、と段差も多く移動しにくいと感じる場合もあります。車椅子や高齢者の方は特に大変ですので、多少家から距離があってもバリアフリー化がしっかりされている大きな総合病院に行かざる得なくなってしまうケースもあるようです。

 

保健センターでは住民の健康診断や教育などの保健サービスを行っており健康作りのための活動を行っていますのでほとんどの保健センターがバリアフリー化しています。健康診断の際に受診が必要になり病院を紹介してくれる時に、バリアフリーの病院を希望すればちゃんと紹介してくれます。

 

福祉センターも保健センターと同様、バリアフリー化はちゃんとされています。住民の方の健康維持・増進を目的としていますのでトレーニング機器などが設備されているフィットネス施設や、体の機能を回復させる訓練を行う障害者福祉センター、介護相談センター、児童センターなどがあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市