住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

商業施設

デパートやスーパー、飲食店など商業施設は多くの方が利用されますのでバリアフリーが非常に重要になってきます。

 

大型デパートは比較的バリアフリー化はちゃんとされています。車椅子の方が通りやすいように通路を広くしていますし、目の不自由な方のために商品の説明もしてくれます。中には車椅子や操作が簡単な電動スクーターを貸し出してくれるところもあります。多目的トイレもデパートやショッピングセンターではほとんど設置してあります。

 

飲食店でもバリアフリー化は少しずつですが進んできています。出入り口や店内の段差が解消されていたり車椅子の方もスムーズに動けるように店内が広めだったりします。また、目が不自由な方のための点字メニューを用意しているところもあり、メニューの名前や値段だけでなく料理がどんな形でどんな大きさなのかわかるようにしているものもあります。飲食店では、ペット同伴はNGですが障害者のパートナーである補助犬ならちゃんとしたお店でしたら入店を許可してくれます。

 

スーパーマーケットではバリアフリー化しているところは少ないです。通路が狭いところが多く、車椅子の方は通りにくいので結局買い物ができないということもあります。多目的トイレが設置されているところもありますが古いお店ですと無い場合もあります。

 

ホームセンターもスーパーマーケットと同様にバリアフリー化しているところはまちまちです。障害者用の駐車スペース、車椅子の貸し出し、耳が不自由な方のための公衆電話が設置されているところもあれば、そうでないホームセンターもあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市