住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

教育機関

教育機関といえばまず始めに思いつくのは学校ではないでしょうか。最近では普通学校でも身体が不自由な子供や知的障害を持つ子供を受け入れるところが増えてきました。

 

もともと障害を持つ子供たちのための特別支援学校では始めからバリアフリーが整っています。しかし普通学校、特に古い建物の学校ではバリアフリーを考えて作られているわけではありません。ですから改装の時にスロープや手すりを設置します。中にはエレベーターや階段昇降機を設置する学校もあり、徐々にバリアフリー化がすすんでいます。

 

また、知的教養機関の一つである美術館や博物館でもバリアフリーの動きはすすみつつあります。公立の美術館・博物館でしたらほとんどがバリアフリーの駐車場や施設がそろっており、介助犬と一緒に入場することも許可されています。館内でもスロープやエレベーターが設置されていますのでとても利用しやすくなっています。しかし、中には古い建物のままのところもあり、バリアフリーでない場合がありますのであらかじめ確認するほうがよいでしょう。

 

図書館は全国的にバリアフリー化がすすめられている施設の一つです。手すりや多目的トイレなど基本的なものから目の不自由な方のための対面朗読サービスなどもあります。他にも本に載っている字を大きくする拡大読書機や点字に訳してある本、活字を大きくした本などがあります。車椅子の方のための設備もちゃんとされていて、車椅子専用の閲覧スペースや通りやすいように通路も幅広くなっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市